任せてよかった法律の達人

顧問弁護士とは

スーツの男性

顧問弁護士が行う仕事とは

特定の会社が抱える法律問題について、継続的に相談受けを行う弁護士のことを“顧問弁護士”といいます。分かりやすく言うと、主治医のようなものです。問題が起こるたびに担当を変更する場合と比べ、顧問弁護士には「会社のことを詳しく把握しているため、問題解決に結びつけやすい」というメリットがあります。 今回は、顧問弁護士が行うべき仕事内容についてご紹介します。

どのような仕事を行うのか?

会社により依頼内容は異なりますが、主な仕事内容としては以下のものがあります。

・日常的な法律相談

会社を経営していると、税金や雇用など法律に関する問題に直面することがあります。法律は新しく作られたり改正されたりすることがあり、それらを全て把握することは容易ではありません。そのため、弁護士に依頼して対応してもらうことが適切なのです。相談することで、トラブル発生を未然に防ぐことができます。

・契約書の確認作業

ビジネスを行う上で、契約書の作成はつきものといえます。これは今後ビジネスを発展させていくために非常に重要な書類で、決してミスがないよう厳重に確認することが大切です。法律をよく理解している弁護士へ確認作業を依頼すれば、たとえミスがあってもしっかり見つけてもらえるため安心です。

・内容証明郵便などの書類作成

内容証明郵便とは、「いつ、誰に、どんな手紙を送ったのか」ということを公的に証明するために必要な書類です。自身の控えとして1枚、相手へ送るために1枚、そして郵便局で保管してもらうために1枚と、計3枚作成する必要があります。この作成方法は法律により定められているため、ミスなく作成するなら弁護士に依頼することが適切なのです。

熊谷真喜のような弁護士に

上記のほかにも、社内体制を構築したり訴訟を起こすサポートをしたりと、仕事内容はさまざまにあります。とはいえ、弁護士なら誰でもいいというわけではありません。指名するなら、熊谷真喜のように優秀な人材を選ぶことが大切です。 熊谷真喜は企業法務全般に対応する弁護士です。これまで多くの会社から依頼を受け、多くの成果を収めてきました。熊谷真喜ほどの高い知識を有する弁護士に相談することで、会社の問題を解決し、より大きな会社へと成長させることが可能です。

会社を成長させるためプロの力を借りる

顧問弁護士を利用することで、会社にはさまざまなメリットがあります。「こういう場合はどう対応すればいいか」、「法律に関わる面倒な作業を任せられる人がいない」などで悩んでいるなら、熊谷真喜のように優秀な顧問弁護士に依頼してみることをおすすめします。

新着記事

大きな信頼感

弁護士の男性

顧問弁護士を雇い入れることで、会社の法的問題をスムーズに解決に導く事が可能になります。熊谷真喜の様な有能な弁護士は、他会社への信頼へと結びつくことの出来る稀有な存在だと言えるでしょう。

詳細へ進む

顧問弁護士の費用

フリップを持つ男性

顧問弁護士を雇い入れる際に気になるのが、費用の問題と言えるでしょう。熊谷真喜の様な有能な人材であった場合、毎月の顧問料を支払う以外にも別途で案件に合わせて支払うケースが存在しています。

詳細へ進む

案件の内容から

指を立てる男性

弁護士を雇い入れる際の費用は、様々な案件によって大きく変化する事があります。目の前の問題に対して、弁護士へどのくらい費用が必要なのか、事前に相談した上で、それぞれ判断することが大事なのです。

詳細へ進む

顧問弁護士の活躍

カバンを触る女性

顧問弁護士の存在は、企業にとってどれほど大きな存在なのか想像がつきにくい部分もあるでしょう。ここでは、実際に顧問弁護士が活躍した事例を挙げ、雇い入れる際のメリットとあわせてご紹介していきます。

詳細へ進む

弁護士をチョイスする

案内する女性

顧問弁護士を選択するのなら、熊谷真喜のような優秀な人材を選ぶことが得策だと言えるでしょう。対応が真摯か、説明が分かりやすいか、どんな情報であっても包み隠さず全て打ち明けてくれるかが選ぶポイントと言えます。

詳細へ進む

タイミングを考える

握手する人

弁護士への相談は、タイミングが重要です。出来るだけ早く、どんな些細なことであってもきちんと相談することが重要だと言えるのです。問題の早期解決を図るのなら、行動するのは早めが良いと言えます。

詳細へ進む

NEWS

契約を交わす

ガッツポーズする男性達

理想の弁護士に巡り会えたなら、まずは契約を交わしましょう。多忙な弁護士であっても、契約を交わすことが出来ればその企業の案件を優先的に着手してくれる事になります。その後、実際の案件についての相談を行いましょう。

ENTER

仮契約という選択肢

資料を持つ男性

顧問弁護士との契約に踏み切る場合、不安を感じる部分もあるでしょう。本当に顧問弁護士の力が必要なのか、契約に踏み切っても良いのか、決断できない方もいらっしゃいます。その時は、仮顧問契約を結ぶのが得策でしょう。

ENTER

会社の規模は問わない

話し合いする人達

顧問弁護士を雇い入れるのは大企業だけというイメージを持っている方も一定数存在しているでしょう。しかし、企業の規模を考える必要は無いのです。理由は、どのような企業であっても法的問題は起こりえる可能性があると言えるからです。

ENTER

特集記事リスト

国際的な活躍が見込める

ジャンプする男性

国際的に業務を展開している企業は多数存在しています。そのため、海外の企業を相手に法的問題に取り組まなければならないというケースも珍しくは無くなっています。その問題にも、顧問弁護士によって適切に対応することが可能なのです。

もっと読む

組織弁護士の存在

ネクタイをしている男性

弁護士を雇い入れる方法には、二種類の方法が存在します。顧問弁護士と組織内弁護士です。違いとしては、顧問弁護士は、弁護士として独立している方を雇うスタイル。組織内弁護士とは、企業に直接雇い入れるスタイルという部分です。

もっと読む

事業継承問題

握手を求める男性

会社の経営上、避けては通れないのが事業継承問題です。この差異にも、顧問弁護士の存在は非常に大きなものとなります。熊谷真喜のような有能な弁護士の場合、事前に綿密な打ち合わせを重ねることで、問題に対応していくことが出来ます。

もっと読む